このページの本文へ移動

BLOGブログ


細木咲良
1 2 6

全日本選手権へ出場しました

New! 2022-11-08
私は全日本選手権は今回で 3 回目の出場になります。
今年は 3 年ぶりに有観客で行われました。全日本選手権は独特の雰囲気や緊張感があり、コロシアムでの試合は硬くなって自分のプレーがなかなか表現できず、ベスト 8 で終わりました。
優勝を目指していただけに、とても悔しい気持ちでいっぱいでした。応援してくださっている皆様に良い報告ができず残念ですが、次は良い報告ができるよう頑張っていきたいと思います。

撮影者 : 北沢 勇

全日本テニス選手権 97th に出場します

2022-10-21
2022 年 10 月 22 日 (土) ~ 10 月 30 日 (日) に開催される「全日本テニス選手権 97th」に出場します。

公式サイトで試合のライブ配信も予定しています。
女子決勝は NHK BS1 で放送される予定です。

優勝目指して頑張ります !
応援どうぞよろしくお願いします。


▼公式ホームページ
https://www.jta-tennis.or.jp/alljapan.aspx

▼ライブ映像配信 (予定)
https://www.youtube.com/user/jtatennisonline

10/7 の激励会について

2022-10-20
10/7 に松江市内のホテルで、激励会を開いていただき、最近の活動内容や国際大会で優勝できた喜びをお伝えすることができました。
皆様から心温まる励ましのお言葉をいただき、これからのテニスを行ううえでの大きな力となりました。
たくさんの方々のおかげで、コロナ禍でも海外を転戦でき、テニスをさせてもらっています。今後も応援してくださっている皆様への感謝の気持ちを忘れず、結果で恩返しができるように、さらに努力を重ねていきます。

栃木国体へ出場しました

2022-10-13
七帆ちゃんと栃木国体へ出場しました。
初戦は三重県との対戦になりました。三重県とは 3 年前の茨城国体 2 回戦で対戦し、その時は最終ダブルスまで縺れ、大接戦の末、負けました…今回も最終ダブルスまで縺れ、大接戦となりましたが勝ちきる事ができました。
2 回戦では、今大会優勝した第 2 シードの愛知県に 1-2 と惜敗でした。
2030 年に島根国体があるので、それに向け優勝できるよう努力していきたいと思います。


広島で行われた国体の中国ブロック大会に出場しました。

2022-08-26
成年女子の出場枠は2つしかなく、厳しい戦いでしたが、横田七帆ちゃんと力を合わせて、一位通過で本国体への出場を獲得できました。
本国体でも「チーム島根」一丸となって入賞目指して頑張ります💪

ヨーロッパ遠征、5大会を終えて帰国しました!

2022-08-10
今回の遠征は、毎週違う会場に移動し、異なるコートの状況に慣れるのに苦労しました。
技術、戦術、メンタルが少しでも欠けると、一気にゲームの流れを支配されます。一戦一戦、厳しい試合でしたが、色々と学ぶ事ができたので、さらに練習して次に繋げたいと思います。


[ポルトオープンFacebookより]

グリーンテニススクールのジュニアのみんなと一緒にテニス

2022-06-22
久しぶりに松江に帰り、グリーンテニススクールのジュニアのみんなと一緒にテニスをしました。
久しぶりに会って打ち合ったのですが、身長は伸び体も大きくなっていて、ボールの威力、動きのスピードのレベルが上がっていて、みんなの成長に驚きました。
私も負けないように頑張りたいと思います。


チュニジア、ポルトガルで行われた 2 万 5 千ドルの 4 大会の遠征を終えました。

2022-05-31
ポルトガルではベスト 8 、チュニジアでは準優勝と少しずつ結果が残せて良かったです。
2 万 5 千ドル大会でファイナリストになれたのは初めてだったので自信になりました。
これから自分自身のレベルを上げ、次の大会に挑めるよう、更に努力したいと思います。

W15 モナスティル (チュニジア) の大会に 3 週出場しました。

2022-04-12
強風の中での試合や、3 時間に及ぶ試合もあり、とてもタフな遠征でしたが、一戦一戦自分のプレーを貫くことができました。
皆様の応援が力となり、シングルスは 3 週連続優勝する事が出来ました✨
次の大会へ向け、またしっかり準備したいと思います。

今年最初の遠征を終えて

2022-03-01
今年最初の遠征は、25,000 ドルのチュニジアとエジプト大会でした。1 ヶ月にわたる遠征を終え、帰国しました。
4 週とも予選からの出場で、本戦を意識しすぎて自分らしいテニスが出来ず、あまり納得いく結果になりませんでした。
普段から自分らしさを出すため、新庄監督が言っておられた " 試合のような練習をし、練習のような試合をする " …この気持ちを大切にして次の大会へ向け、準備したいと思います。

1 2 6